脱毛は無駄な毛を減毛したり、半永久的に生えてこないようにするために施術を行うことです。医療機関で行うレーザーやエステが用いているフラッシュ、その双方が施術をしている針脱毛といった方法があります。

太く黒い毛なら、この方法によって減毛することが可能です。しかし産毛の場合には、少々注意が必要です、産毛は他の無駄毛に比べて色が薄く、細いものを指します。背中や顔などに見られることが多く、これを脱毛すると毛穴も小さくなって、つるっとした印象を見る人にも与えるようになります。

しかし産毛に対して施術をしたもらう時には、施術をする側もされる側も、「硬毛化の可能性」に関する知識を持っておかねばなりません。レーザーやフラッシュによって照射を行うと、時として毛が硬く濃いものになってしまうことがあります。

大変ショックですが、なぜそうなるのかの原因はわかっていません。やけどのリスクを照射の出力を調整によって軽減させますが、小さな出力で照射を繰り返すと「硬毛化」することが多いと言われています。もっと大きな出力で照射を行えば解決できますが、それだけの大きな出力を扱えないエステや医療機関もありますので、別の場所で施術を受けなければならなくなることもあります。

「濃くなったのではないか」と感じた時には、すぐに対策を講じましょう。